大掃除で出てきたシャープペン
いただきものなのですが,歴史を感じます。
ディジタルアクセス64・128 ・・ DA64・128
 インターネットの利用を,一気に高速な世界にしてくれました。
 それまでは,アナログのモデムの世界 14400bpsで早くなったと喜んでいた頃でした。
 ピー ガガガ というネゴシエーションの音が懐かしいです。

当時,学校ではPC室に電話回線を引くことは難しかったです。
 学校では,職員室に2回線+Fax 1回線 場合によっては,学校全体で1回線というところもありました。
 PC室に専用線があるというと,PC室に電話回線が引き込まれているという程度で,今では当然のような常時接続はなかった時代です。
 私がいた学校では,千葉県のICE-Net(千葉県学校教育情報ネットワーク)の初代はパソコン通信でしたから,それを使うために,100mのモジュラーケーブル(4芯)を自費で買い,職員室から廊下(窓の外のこともあったけど)を通してPC室でパソコン通信を使いました。

そこに,出てきたのがデジタルアクセスです。
アナログではなく,デジタル回線,それも2回線分を使うと128Kbpsがでるという夢のような世界だったのです。
県の実験に参加する中で事例をつくり,予算の基礎を作り,学校のFAX回線をデジタルに切り替えることで,許可を得て学校のインターネット接続を進めた時代でした。

そんな思い出がこのシャープペンを見ていたらよみがえってきました。
 ※こんな話をするようになったら,年寄り(^^ゞ
2013-12-24 12.20.51.jpg

年末のお約束の大掃除です。 毎週のように土日にやっても終わりません。
要するに物が多い! わかってるんです。 捨てようと思って、縛るところまではやっても、そのまま残っているものがあります。(>o<)

さらに,2台のエアコンの入れ替え工事もあり,進まない。
寝室のエアコンは,家を建て替えた時につけたものなので,25年 壊れるわけだよな。
今のエアコンも 16年もの ふぅー  工事の人も大変そうでした。
10時50分頃から 午後3時15分くらいまで4時間半 大変そうでした。
でも,無事に終わってなにより
2013-12-23 11.15.19.jpg 2013-12-23 13.03.12.jpg

久しぶりに

| コメント(0) | トラックバック(0)
久しぶりに書いているきっかけは,子供とネットを考える会 のFaceBookページに紹介していただいたこと。
これまで,FaceBookと Twitterでのやりとりが多かったが,やはりきちんと残していくことも大事だなぁと思った。

今日で,2学期も終了。
また,ぼちぼちと・・・ 

毎日きちんと 継続すること   大事なことです。 でも,私の苦手とするところなんです。

校内での研修

| コメント(0) | トラックバック(0)

校内の研修で, 情報モラルの話をした。あまり,校内で情報についての研修で話すことは多くはないので,ちょっと緊張。

校内での希望としては,情報モラル ということだったが,情報教育(モラル)において 小学校が担うことについてのお話を事例をもとに話した。 知識を確かめながら,考え方について話してみた。 1時間半があっという間だった。 物足りない気がする。

校内の現職研修の一環として希望があっての実施。操作研修はしないよということで、教育の情報化の概念、流れなどから、現状の確認、求められていること、今自校で出来ることを、ws的な部分も交えての内容。

受け入れられたかは、まだ完全には把握し切れないが、続きをという声もある。時間の確保からしても、先生方に無理には求めないで進めていきたい。

 

スライド9スライド14

スライド13スライド27

スライド36スライド54

スライド57スライド70スライド67スライド76

市教委主催の研修会に参加した。

「特別支援教育の視点で授業改善を」というテーマで,野田の松浦先生のお話。

この夏,何回か特別支援のお話を聞く機会があったが,日常の学習指導の中で,どう具体的に,特別支援教育の視点を入れていくのか という点がはっきりと示された。NM(野田 松浦)式授業分析シート をいただいたが,分析の視点は,日常の授業として,どれもすべきこと,した方が良いことが並んでいて,納得のいくものだった。

FxCam_1345599405299

お話の中で,「自閉症者からの紹介状」の紹介があった。当然同じように見えている,聞こえていると思い込んで指導をしがちだが,ん? と考えてしまった。さっそく,ポチっとして購入。こういう認識をする子ども達がいるんだということを念頭においていきたい。

地区校長会

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は,地区の校長会議が行われました。

市内を9つの地区に分けて,それぞれの地区での課題についての検討や,情報交換を行っています。

先日起きた,不祥事についての,状況のお話をうかがうと,学校を離れても職員に対しては管理責任があり,職員の飲み会などについては把握し指導が必要ということがありました。一方で,プライベートな部分もあり,どこまで職員に対する管理責任があるのか,難しいなあということでした。

また,千葉県で行われている業績評価についても,日々の取り組みや,年度末の取り纏めなどについて,先輩の校長先生方から教えていただきました。教頭時代の目と,校長になってからの目と,変わらなくてはいけない面もあるなあと感じました。

その他,放射線低減作業,運動会,小中の連携など,さまざまな課題について,2時間半びっちりとした会議でした。

校長,副校長・教頭 合同研修会で,加藤悦子先生(植草学園大学) からお話を聞いた。

様々な子どもの感覚について,事例を通して教えていただくなかで,体験をしてみないとわからないことが多いことを改めて確認した。

あ?お つーし ねーぬ など,似ている文字の識別,分別が困難事例は,読むことはできても,そこに集中してしまい,本来の目的であるそこに書かれていることを理解するところまでは難しいことがよくわかった。

認識のタイプも,目から,耳からなどの感覚の優先があること。そして,授業の中で様々なタイプの活動を入れることが望ましいこともわかりやすかった。

お話の中で出てきた

  • 春になったら莓を摘みに 梨木 香歩
  • 再生 石田 衣良

を,購入した。

七七日忌 納骨

| コメント(0) | トラックバック(0)

早い物だもうこの日が来た。

行きたがってた折原へ,やっとつれて行けた。

CIMG0279 CIMG0281

研究会で,中原小での取り組みを発表させていただく機会をいただいた。

着任してから4ヶ月考えてきたこと,取り組んで来たことを振り返ってみた。

至らぬところだらけだった。やりたいと思ったことへ向けて,さらに進めるようにと,今の段階を話させていただいた。

ベネッセのICTサポータ研修会でお話をさせていただく機会をいただきました。

東日本ブロックのサポータさんが集まり,実践発表を行いその後にお話ということだったので,お願いをして,実践発表から参加しました。

研究授業のサポート,サポータとして自身のレベルアップ,先進的な機器が入った環境でのサポートと,皆さんそれぞれの立場で,各地の学校のためにがんばってくれていることを嬉しく思いました。

私からは,50分の時間をいただき,教育の情報化の中で,ICTサポータの位置づけと,期待されていることをお話させていただきました。

多くの面での支援が必要なのですが,代わりにやってくれる人ではなく,できるように支援してくれる人になって欲しいと願っています。

南柏に車を置いて,小田急多摩センターまで直通で乗り換え無しは大変ありがたかったけど,1時間半座ったままというのもきつかった (^^ゞ