不祥事の根絶

| コメント(0) | トラックバック(0)
市内で2件の教職員の不祥事があり,臨時校長会議が持たれた。

17/11 退勤時 23時過ぎに,若い講師の先生が,自転車に乗っていた人をはね,意識不明の重体。熱心な勤務態度で,採用試験を受けたばかりの将来ある先生。

2 7/12 帰宅後飲酒をし,23時過ぎに車で買い物に出て自損事故。取り調べの警察官が,気づき検査をしたところ飲酒運転が発覚。一度退職した再任用の先生。 当日朝,1の事故を受け,職員打合せで,校長から飲酒厳禁の注意があったばかり。

校内では,既にこの2つの事件を受け,注意喚起はプリント,口頭としていた。
校長会議では,両校の校長先生が,事後対応におわれ,責任も感じている様子がひしひしと伝わってきた。

注意を呼びかけていても,1のような事故は,起きてしまう可能性はある。しかし2はなんともはや。当日朝に注意喚起をしても,その夜には不祥事を起こしてしまう。四六時中一緒にいるわけにはいかない。意識をどう変えていくかでしかない。

不祥事以前に,日常のコンプライアンス意識を作りあげることで取り組んでみたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://derek.jp/mt/mt-tb.cgi/21

コメントする