懐かしい シャープペン

| コメント(0) | トラックバック(0)
大掃除で出てきたシャープペン
いただきものなのですが,歴史を感じます。
ディジタルアクセス64・128 ・・ DA64・128
 インターネットの利用を,一気に高速な世界にしてくれました。
 それまでは,アナログのモデムの世界 14400bpsで早くなったと喜んでいた頃でした。
 ピー ガガガ というネゴシエーションの音が懐かしいです。

当時,学校ではPC室に電話回線を引くことは難しかったです。
 学校では,職員室に2回線+Fax 1回線 場合によっては,学校全体で1回線というところもありました。
 PC室に専用線があるというと,PC室に電話回線が引き込まれているという程度で,今では当然のような常時接続はなかった時代です。
 私がいた学校では,千葉県のICE-Net(千葉県学校教育情報ネットワーク)の初代はパソコン通信でしたから,それを使うために,100mのモジュラーケーブル(4芯)を自費で買い,職員室から廊下(窓の外のこともあったけど)を通してPC室でパソコン通信を使いました。

そこに,出てきたのがデジタルアクセスです。
アナログではなく,デジタル回線,それも2回線分を使うと128Kbpsがでるという夢のような世界だったのです。
県の実験に参加する中で事例をつくり,予算の基礎を作り,学校のFAX回線をデジタルに切り替えることで,許可を得て学校のインターネット接続を進めた時代でした。

そんな思い出がこのシャープペンを見ていたらよみがえってきました。
 ※こんな話をするようになったら,年寄り(^^ゞ
2013-12-24 12.20.51.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://derek.jp/mt/mt-tb.cgi/33

コメントする